自動車運転の診断書

 

 

当クリニックには、公安(豊川市の免許センター)からの診断書を持参される方が多く見えます。

 

 

自動車運転のポイント

  1. 75歳以上の方は、免許更新の時に記憶テストあり
  2. てんかんを発症したら2年間、運転できない
  3. 脳卒中の後は、半年間は運転を控える

 

脳の病気になっただけで、直ちに免許停止という訳ではありません。

 

しかし、特定の病気になった時に、運転を継続するためには医師の診断書が必要です。

 

 

 

 

 

当院でお書きしている自動車運転関係の診断書

  1. 認知症の疑いがある方の診断書
  2. てんかんの方の診断書
  3. 脳卒中の後の診断書

 

免許センターから送られてきた書類を持って来て頂けましたら、

 

診察した結果を診断書にお書きします。

 

 

高齢者(75歳以上)の方の診断書

  • 75歳以上の方は、免許センター(豊川市)で記憶力テストあり

 

75歳以上の方は、自動車免許を更新する時に、認知症チェックを実施する決まりになっています。

 

豊川市の免許センターでも認知症チェックを実施しています。

 

この認知症チェックを臨時認知機能検査と言います。

 

 

免許センターで引っ掛かったら・・・

受診して頂いて、もの忘れチェックをします

MRI・CTを撮影することもあります

 

  • 検査の結果、免許返納の方が良さそうな場合は、その旨をお伝えします
  • もの忘れの薬を飲むためには、運転をやめる必要があります

 

“もの忘れの薬を飲んでからもう1回検査するのはダメですか?” という質問をよくお受けします。

 

しかし、もの忘れの薬を使用する条件は、

“運転しないこと” という決まりになっていまして、

みなさんの希望と違う結果になるかもしれません。

 

診察では、その兼ね合いも含めて、メリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

“もの忘れの薬を飲むと運転できない”、という決まりがあります
そもそも “治る認知症” を見逃してないか、チェックが必要の場合があります

 

 

 

 

てんかんの方の診断書

  • 1度、てんかんを発症すると、最後の発作から2年間、運転できません

 

脳腫瘍や、他の脳の病気でも、

“運転してはいけません”

と決められている病気は少ないのです。

 

その中で、てんかんは運転ができなくなる病気のひとつです。

 

でも、

一生運転ができなくなる訳ではなく、

最後の発作から2年経過して安定していれば

運転ができるようになります

 

てんかんの方は、一生運転ができない訳ではありません

 

2年間、きっちりお薬を飲んで、発作を予防していきましょう。

 

お薬を正しく内服して、発作を正しく予防しましょう

 

 

発作を繰り返しやすい5つの状況

こんな時、またてんかん発作が出るかも・・

  1. 脱水気味の時
  2. 風邪をひいた時
  3. 睡眠不足の時
  4. 不規則な生活の時
  5. 薬を飲んだり飲まなかったり

 

 

脳卒中の後の運転免許

  • 無症状(古い隠れ脳梗塞)の場合は、運転を制限される事はありません
  • 入院するような脳梗塞の場合、時に診断書が必要となる事があります
書類がありましたら、持参して頂けますと相談できます。
宜しくお願いします。
>お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

診療内容 脳神経外科・脳ドック 内科・外科・放射線科 リハビリテーション科 院内設備 MRI(1.5テスラ) マルチスライスCT レントゲン撮影装置 超音波診断装置(エコー) 診療時間 平日    8:30~12:00  15:00~18:30    木・土曜  8:30~12:00   休診日 日曜日・祝日 年末年始 佐藤脳神経外科 〒440-0011 愛知県豊橋市牛川通1丁目21-7 (西小鷹野もしくは忠興バス停から徒歩10分) TEL  0532-69-2760 FAX  0532-69-2761

CTR IMG