NO IMAGE

痛み・しびれ治療

健診で引っかかったけど無症状だと、なかなか病院へは受診しません。生活習慣病で通院していても、途中で通院されなくなる方も多いです。

そんな中、「痛み・しびれ」の訴えの方は、きちんと通院されます。それだけ、痛みやしびれは生活する上で辛いということです。

治療方針は、その方のライフスタイルや、性格によってもだいぶ変わってきます。

私たちは、少しでも苦痛を取り除けるように、その人にとってベストな治療の提案に努めています。

 

痛み・しびれの治療のまとめ

  • おくすり
  • 注射
  • リハビリ
  • 手術の提案

当院では痛みとしびれの治療を積極的に行っています。

痛みとしびれの治療では、診断が大切です。しかし、人の体は複雑で、実際の診療では、診断がつかない事もあります。

その場合でも、痛み止めの飲み薬、点滴治療、リハビリテーション、を組み合わせて治療に取り組んでいます。

 

くび(頚椎)のMRI

両手がしびれる! ふらつく!

こし(腰椎)のMRI

腰が痛い! 足が痛い!

薬の種類は豊富

  • ふつうの痛み止め
  • 胃に優しい痛み止め
  • 神経痛の薬(坐骨神経痛など)
  • 麻薬より少し弱いもの
  • 麻薬(1番強い痛み止め)

今の時代、痛み止めの選択肢は豊富ですので、症状に合わせて個別対応いたします。

 

注射したり点滴したり

  • 痛いところに直接注射します
  • 注射が難しい時は点滴します

リハビリで “もみほぐし”

  • 予約制でご案内しています
  • 専門の理学療法士が対応します

患者様と相談しながらメニューを考えていきます。

 

“しびれ” は難しい

  • “痛み” よりも “しびれ” の方が良くなりにくい場合があります
  • しびれは診断が大切です

しびれの治療は、原因にもよりますが、しばしば痛みの診断治療よりも難しい場合があります。

患者様と相談しながら、なるべく苦痛が取り除けるように工夫して診療していきます。

 

医師も怖がる肩こりで1番おそろしい病気

『首筋から後頭部が痛い』で、1番怖い病気は、『椎骨動脈解離(ついこつ・どうみゃく・かいり)』です。 この病気は、『くも膜下出血』になる直前の状態です。 くも膜下出血は、頭の病気ですが、くも膜下出血を発病する少し前に、『肩や首筋の[…]