【自律神経失調症と間違えないよう】脊髄空洞症|原因|症状|診断|治療

有病率

患者さんの数は、人口10万人あたり、だいたい2人くらいと言われています。

 

原因

脊髄空洞症は、何も原因なく発症することがほとんどです。

中には、脊髄に腫瘍があって、それが原因となって脊髄空洞症となることもあります。

  • 脊髄腫瘍
  • 癒着性くも膜炎
  • 視神経脊髄炎(ししんけい・せきずいえん)
  • 脊髄動静脈ろう

 

症状

自律神経失調症と間違えられやすい

脊髄空洞症は、症状がわかりにくく、自律神経失調症と間違えられやすいです

体が硬くなったり、手足に力が入らなくなったり、感覚がおかしくなったりします。

また、汗がたくさん出たりして、MRIの撮影の前には、いったん『自律神経失調症(じりつしんけい・しっちょうしょう)』の診断がついたりします

その場合に、脊髄MRIの検査をすると、この脊髄空洞症(せきずい・くうどうしょう)が見つかったりします。

脊髄空洞症の症状

  • 痙縮などの錐体路障害による運動障害(59.4%)
  • ジャケット型の解離性感覚障害や痛みなどの感覚障害(78.0%)
  • 発汗過多,ホルネル徴候,肢肥大などの自律神経障害(23.6%)
  • 側弯症などの骨格系症候(30.1%)
  • 延髄に空洞が進展していることに起因する脳神経障害(10.3%)

Sudo: Lancet 347 : 1593–1595, 1996

 

検査

脳とせぼねを3回に分けてMRIを撮影して脊髄空洞症を診断する

脊髄空洞症を診断するために、MRIで、『脳』と『せぼね』を撮影します。

せぼねのMRIを撮影して、脊髄(せきずい)という神経の中に水がたまっていたら、この脊髄空洞症を疑います

脊髄空洞症は、脳の奇形を合併しやすいため、脳のMRIも併せて撮影します。

脳とせぼねのMRIは、1回では撮影できないので、複数回(通常は3回)に分けて撮影します

 

治療

痛みなどの症状がある脊髄空洞症は、まずは薬で治療しますが、全国的には、最終的に7割くらいの患者さんが手術になっています。

薬の治療は、主に、痛み止め、抗うつ薬、てんかんの薬、などが使われます。

手術は、脊髄の水たまりを抜く手術、合併する脳の奇形を治す手術、脊髄に痛みを緩和する電極を入れる手術(脊髄刺激療法)、などがあります。

  1. 大後頭孔開放術
  2. 硬膜減圧術(硬膜外層剥離・硬膜開放)
  3. 脊髄刺激療法