【最高の美顔を目指すために】美顔レーザー│肝斑トーニング│しみ治療│美白治療

 

“キレイな肌になりたい!”
を叶えたい

肌にはいろいろな悩みが尽きません。

シミ、そばかす、くすみ、ニキビ、毛穴、など、みなさんの持つお悩みを解決できるよう、医療レーザーを導入しています。

 

 

美肌レーザー│にきび│美白

美肌レーザー(スペクトラ)によるトーニング・ピーリングです。

治療目的│肝斑・しみ・くすみの改善、美肌効果・皮膚の再生
使用機器│スペクトラ・ヒーライト(ルートロニック社:韓国)

 

コースと料金のページ

 

 

肝斑トーニング って なに?

肝斑トーニングは、肝斑のもとであるメラニンを砕くレーザーです。

肝斑は、『トーニング以外のレーザーを当てると肝斑の色が逆に濃くなる』という話を聞いたことある人もいると思います。

トーニングは、肝斑治療の唯一のレーザーです。

1回では良くならず、複数回(7-10回)当てることで、次第に肝斑の色が薄くなります。

当院では、韓国シェアNo1のトーニングレーザー『スペクトラ』を導入しています。

肝斑のできやすいアジア人と相性の良いレーザーです。

 

肝斑トーニング肝斑治療できる唯一のレーザー

フォトフェイシャルなどのトーニング以外のレーザーを肝斑に当てると、肝斑は濃くなります。

肝斑をレーザーで刺激すると、メラニンが増えるからです。

肝斑トーニングは、肝斑を治療できる唯一のレーザー治療です。

針で刺したような痛みで、肝斑の中のメラニンを少しずつ砕き、回数を重ねることで、肝斑を薄くしていきます。

 

 

 

効果的な肝斑治療 って どんなもの?

肝斑トーニングと一緒に、肝斑治療薬の飲み薬の併用が効果的です。

肝斑の治療薬は、『トラネキサム酸(トランサミン)』と『ビタミンC』です。

さらに、肌のトーンアップや肌質改善のためには、『グルタチオン』『ビタミンE』『ハイチオール』の内服も効果的です。

これらは、ダウンタイムなく、肝斑治療ができるため、好評です。

 

トーニング治療の効果

 

トーニングの次の手 は どうしたらいい?

トーニングをやっても、なかなか薄くならない肝斑の場合は、スキンケア製品もお勧めです。

漂白(ひょうはく)作用のある『ハイドロキノン』を取り入れたゼオスキン製品は、好評であり一度お試しいただきたいと思います。

気になる方は診察の際に、気軽にお尋ねください。

 

 

 

 

Q. 肝斑トーニングはどのくらいの頻度で何回やりますか?

おすすめは、2週間毎に6-10回程度の照射です。トーニングは肝斑に対して低刺激である分、回数を重ねて肝斑が薄くうる治療です。

Q. トーニングの後はダウンタイムはありますか?

ダウンタイムはありません。トーニングの施術直後から、お化粧できます。

トーニングレーザーは、ダウンタイムのない治療です。

Q. トーニングの後に気をつけることはありますか?

保湿をしっかりして、日焼け止めを塗るようにしてください。

Q. トーニングの副作用・リスクはなにかありますか?

トーニングは、ダウンタイムもなく、副作用はほとんどありません。

レーザー治療の一般的なリスク(やけど・炎症)はありますが、とてもまれです。

Q. 肝斑トーニングとシミ取りレーザーの違いは?

肝斑トーニングは、肝斑治療に特化したレーザーであり、肝斑に唯一当てられるレーザーです。

シミ取りレーザーを肝斑に当てると、肝斑が濃くなる場合があります。

肝斑か、シミか、区別がつきにくい場合は、トーニングの選択が無難と言えます。

*シミ取りレーザーは、Dr施術になりますが、外来患者様の急増により、現在実施しておりません