インフルエンザ予防接種の効果は5ヵ月継続

 

ワクチン接種の予防効果の継続期間は5か月

現在のインフルエンザワクチンの予防効果は、2週間から5か月程度と言われています。

10月上旬に接種すると、3月上旬くらいまでは免疫の維持が期待できます。

現在のインフルエンザワクチンの発症予防効果は、接種後2週間から5か月程度と考えられます

予防接種ガイドライン2018 (予防接種ガイドライン等検討委員会)

 

インフルエンザワクチンの接種回数

年齢 接種回数
生後6か月 – 3歳 1回
3歳 – 13歳未満 2回
13歳以上 1回

 

大人は1回の接種で十分

ワクチンの添付文書には、『13歳以上は1回または2回』と記載があります。しかし、13歳以上は1回接種でも免疫は十分との研究報告があります。

基礎疾患があるなど、医学的な理由により、医師が2回接種を必要と判断した場合は、13歳以上でも、2回接種することがあります。

インフルエンザワクチン0.5mL の1回接種で、2回接種と同等の抗体価の上昇が得られる

平成30年度インフルエンザQ&A(厚生労働省)

 

小学生は2回打つ

3歳未満は1回接種。3歳~13歳は2回接種。13歳以上は1回接種です。

年齢とワクチン接種量の関係は下記の通りです。

  • 生後6か月-3歳では、インフルエンザワクチン0.25mLを1回
  • 3歳-13歳では、インフルエンザワクチン0.25mLを2回
  • 13歳以上では、インフルエンザワクチン0.5mLを1回

ただし、医師が必要と認めた場合は、13歳以上でも2回接種します。

小学生は、インフルエンザワクチンを2回打つというイメージです。

 

免疫が高まる2回目の打ち方は、4週間後に打つこと

インフルエンザ予防接種の2回目のタイミングは、1回目からの間隔は4週間後がベストと言われています。

インフルエンザ予防接種は、10月2週目頃から接種が開始されます。

1回目は10月下旬から11月上旬に打つ事が多いです。

大人はそもそも1回の接種で十分と言われていますが、基礎疾患があったり、高校受験・大学受験などで免疫を高めたい場合、2回目の接種を検討したりします。

2回のワクチン接種間隔を1週間から4週間の4群に分けて、インフルエンザ様疾患による学級閉鎖率を調べると、4週間隔の群が最も閉鎖率が少なかった

日本医事新報 3158 : 43, 1984

 

接種間隔はだいたい2~4週間後が目安

  • 6ヵ月~13歳未満は、2~4週間後に2回目を接種
  • 13歳以上は、1~4週間後に2回目を接種
  • 4週間後に打つのが最も免疫がつく

米国など、海外では2回目は4週間以上の接種間隔を設けている国もあります。

ですので、必ずしも4週間後ピッタリにこだわる必要はありません。

 

>お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

診療内容 脳神経外科・脳ドック 内科・外科・放射線科 リハビリテーション科 院内設備 MRI(1.5テスラ) マルチスライスCT レントゲン撮影装置 超音波診断装置(エコー) 診療時間 平日    8:30~12:00  15:00~18:30    木・土曜  8:30~12:00   休診日 日曜日・祝日 年末年始 佐藤脳神経外科 〒440-0011 愛知県豊橋市牛川通1丁目21-7 (西小鷹野もしくは忠興バス停から徒歩10分) TEL  0532-69-2760 FAX  0532-69-2761

CTR IMG