予防接種を打った後は『もむ』『もまない』どちらが正しい?

注射をした後に、『軽く押さえてくださいね』や、『もまないようにしてくださいね』などいろいろな声かけがあると思います。

中でも混乱を招きがちなのは、『もむ』のか、『もまない』のか、です。

予防接種後は、『もまない』が正解

現在は、予防接種後、打ったところを『もまない』が正しいとされいます

毎回、『どっちだっけ?』と迷うと思われますが、『もまない』が正解と覚えてください。

 

現在、コロナワクチンの予防接種が話題になっています。

コロナのワクチンを打つ前に、副作用の確率も確認しておいてください。

 

問題)コロナワクチンのアナフィラキシーの確率は?

3択です(あなたの街の人口でイメージしてみてください)

  1. 4000人に1人
  2. 4万人に1人
  3. 40万人に1人

正解は? ⇛(https://sato-nou.com/covid19-vaccine

問題)ファイザー社とモデルナ社のワクチンで、アナフィラキシーが少ないのはどっち?

2択です

  1. ファイザー社のワクチン
  2. モデルナ社のワクチン
  3. 同じくらいの確率

正解は? ⇛(https://sato-nou.com/covid19-vaccine-which

問題)コロナワクチンを打った後に、『皮膚の赤み』が出るのはいつ?

3択です

  1. すぐ赤くなる
  2. 1日後に赤くなる
  3. 1週間経ってから、急に赤くなる

驚きの正解は(画像あり)⇛(https://sato-nou.com/skin-vaccine

 

2021年1月に新しいコロナ治療薬のデータが報告されました。

効果的で副作用も少ないです。

  1. アビガン
  2. レムデジビル
  3. 新しい抗体治療

(『新しい抗体治療』の内容は、医学論文でしか出ていないので、まだ知らない方が多いかもしれません)

 

予防接種後は『もまない』が正解

予防接種後は、もまない方が良いです。

昔は、注射したところもむことで、皮膚が硬くなることを予防したり、免疫が十分につくようになると考えられて、もむことが推奨された時代がありました。

でも、インフルエンザワクチンに関しては、そのようなエビデンス(研究成果)はありません。

予防接種後は『もまない』

  • インフルエンザ予防接種後には注射部位を揉まずに血が止まる程度に押さえるだけでよい
  • もんでも、もまなくても、免疫獲得の影響に差はない
  • あまり強く揉むと皮下出血を来すこともある

予防接種に関するQ&A集 2019(一般社団法人 日本ワクチン産業協会)

 

打った後に特に『もんではいけない』注射

ある種のホルモン注射は、特にもんではいけません。

前立腺がんや、子宮筋腫のホルモン注射であるリュープロレリンがこれに当たります。

 

打った後『もむ』注射はあるの?

打った後にもんだ方が良いとされる注射もありますが、特殊なものばかりです。

打った後にもまないといけない注射は、筋肉注射をする一部の特殊な抗生剤などで、今はほぼ使わないものが多いです。

抗生剤は、『飲む』か『血管注射(静脈注射)』が多く、筋肉注射はほとんどされていません。

 

一瞬でわかる│新型コロナワクチンの怖い副作用の起こる確率は?【打つ前に知っておこう】

関連記事

  ワクチン接種の予防効果の継続期間は5か月 現在のインフルエンザワクチンの予防効果は、2週間から5か月程度と言われています。 10月上旬に接種すると、3月上旬くらいまでは免疫の維持が期待できます。 現在のインフルエン[…]

関連記事

インフルエンザワクチンは、毎年、全国的に在庫がやや少ないのが実情です。 3歳から13歳は2回接種しますので、在庫がなくなるスピードも倍になります。 中には打てなかった人も出てきます。 ですので、場合によっては、『インフルエ[…]