NO IMAGE

【予防接種の副作用を避けるために】かぜを引いてても予防接種は打って良い?

予防接種を予約している時や、在庫が少ない時に、タイミング悪くカゼをひいてしまう時もあると思います。

ワクチン接種において、カゼの時でも、軽度なら打って良いです。しっかりカゼひいたときでも、1週間経てば打って良いです。

『軽度のカゼ』目安は医師によって異なりますが、基準は大体似ています。

 

在庫がなくて予防接種が打てなかった時の対応

 

結論:体温37.5度以上なら、打つのは控える

37.5度以上は、明らかに発熱していますので、予防接種は通常打つのは控えます。

37.5度未満は、ケースバイケースですが、他に目立った症状がなければ打つことが多いです。

それらは現場判断によりますので、見る先生によって多少の違いはあります。

  • 『明らかな発熱』は予防接種を中止する必要がある
  • 『明らかな発熱』とは、通常37.5度以上を指す

予防接種に関するQ&A集 2019(一般社団法人 日本ワクチン産業協会)

体温は病院での計測

自宅での体温は、自己申告になってしまいますので、病院での体温測定を参考にしています。

 

かぜひいてからどのくらい経てば打って良い?

カゼ症状が治ってから、1週間経てば打って良いです。

カゼ症状治癒後、2週間頃が目安ともされていますが、最短では1週間と考えられる事が多いです。

医師ごとに微妙に判断が異なりますので、担当医の先生に確認しましょう。

治癒後1~2週間ほどがおよその目安になります

予防接種に関するQ&A集 2019(一般社団法人 日本ワクチン産業協会)

 

『調子がちょっとわるい時』に予防接種をする場合、気を付けること

本調子ではない時は、針を刺す刺激で、気分不良・めまい・吐き気・失神、が起こりやすいです。

特に失神して頭をぶってしまうと大変です。

失神は、針を刺す刺激で、全身の血管が開いてしまうことで、一時的に脳に血液がいかなくなってしまう事で起こります。

失神はあらかじめ水分摂取をすることで予防できます。

本調子でない場合は、ワクチンの接種日を変更できればベストですが、忙しい方も多くて、なかなかそういうわけにもいかないと思います。

『少し調子が悪いけど、今日しか予防接種を打てない』という場合は、せめて水分をしっかり摂ってから接種に望みましょう。

日本赤十字社より、穿刺後に気分不良、吐き気、めまい、失神等が0.9%、失神に伴う転倒が0.008%起こったと報告あり

日本赤十字社HP 2019

 

関連記事

注射をした後に、『軽く押さえてくださいね』や、『もまないようにしてくださいね』などいろいろな声かけがあると思います。 中でも混乱を招きがちなのは、『もむ』のか、『もまない』のか、です。 予防接種後は、『もまない』が正解 […]

関連記事

  ワクチン接種の予防効果の継続期間は5か月 現在のインフルエンザワクチンの予防効果は、2週間から5か月程度と言われています。 10月上旬に接種すると、3月上旬くらいまでは免疫の維持が期待できます。 現在のインフルエン[…]

関連記事

インフルエンザワクチンは、毎年、全国的に在庫がやや少ないのが実情です。 3歳から13歳は2回接種しますので、在庫がなくなるスピードも倍になります。 打てなかった人も出てきます。 ですので、場合によっては、『インフルエンザ予[…]

>お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

診療内容 脳神経外科・脳ドック 内科・外科・放射線科 リハビリテーション科 院内設備 MRI(1.5テスラ) マルチスライスCT レントゲン撮影装置 超音波診断装置(エコー) 診療時間 平日    8:30~12:00  15:00~18:30    木・土曜  8:30~12:00   休診日 日曜日・祝日 年末年始 佐藤脳神経外科 〒440-0011 愛知県豊橋市牛川通1丁目21-7 (西小鷹野もしくは忠興バス停から徒歩10分) TEL  0532-69-2760 FAX  0532-69-2761

CTR IMG