咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱(プール熱)は、夏(6-7月)の病気です。

しかし、冬に発症する場合もあります。

咽頭結膜熱は、”プール熱” の別名

咽頭結膜熱(いんとう けつまく ねつ)と読みます

高熱が出て、目が真っ赤になります

ノドも痛くなります

  • プール熱=咽頭結膜熱
  • アデノウィルスの感染症です
  • アデノウィルス検査で、すぐ結果がわかります

咽頭結膜熱(プール熱)の診断がついたら、感染が広がらないように予防が大切です。

うがい、手洗いを確実にしましょう。

 

プール熱の3大症状

しばしば体温40度になることも

  • 高熱
  • ノドの痛み
  • 結膜炎(目の充血・めやに)

高熱でツラい病気です。

冬に発症すると、高熱のためインフルエンザと区別する事が必要です。

冬に高熱が出て、「あれ、インフルエンザかな?」と思った時に、目が真っ赤になったら、プール熱も疑って早めに受診しましょう。

 

プール熱の原因は、アデノウィルス

アデノウィルスは、ノドから検体を採取します

アデノウィルスは、ノドを綿棒で少しこすって検査をします。

感染力が非常に強いです。

 

プール熱の診断は、ノドからウィルスチェック

10分程度で検査結果が出ます

  • アデノウィルスは、ノドからウィルスチェック
  • インフルエンザは、鼻からウィルスチェック

どちらも5-10分程度で検査結果がわかります。

 

アデノウィルスは感染力が強い

これ以上、感染を拡大しないようにしましょう

  • うがい、手洗いが大切です
  • 同じタオルを使う事を避けましょう

さらなる感染拡大を予防していく心遣いが大切です。

 

プール熱は、夏の病気

でも、冬にも発症します

冬のプール熱は、インフルと紛らわしい

  • 高熱が出て、目が真っ赤になったら、アデノウィルス(咽頭結膜熱=プール熱)かも?

あれ?っと思ったら、まず疑う事が大切かと思います。

 

プール熱の治療

基本的には対症療法です

  • 解熱鎮痛剤
  • 目薬
  • 補液

根本的な治療はありませんし、ウィルスをやっつける治療もありません。

基本的には自然と回復を待つしかありませんが、脱水を避けるために水分をこまめに摂取する事が大切です。

冬に高熱が出て、「あれ、インフルエンザかな?」と思った時に、目が真っ赤になったら、プール熱も疑って早めに受診しましょう。

 


診療時間 土  
  8:30-12:00
15:00-18:30 / /
休診日  日曜日・祝日・年末年始

〒440-0011
愛知県豊橋市牛川通1丁目21-7
TEL: 0532-69-2760
FAX:0532-69-2761
診療時間
午前8:30 – 12:00   午後15:00 – 18:30
診療内容
脳神経外科・脳ドック  内科・外科・放射線科 リハビリテーション科
内設備
MRI マルチスライスCT レントゲン撮影装置 超音波診断装置(エコー)
>お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください

診療内容 脳神経外科・脳ドック 内科・外科・放射線科 リハビリテーション科 院内設備 MRI(1.5テスラ) マルチスライスCT レントゲン撮影装置 超音波診断装置(エコー) 診療時間 平日    8:30~12:00  15:00~18:30    木・土曜  8:30~12:00   休診日 日曜日・祝日 年末年始 佐藤脳神経外科 〒440-0011 愛知県豊橋市牛川通1丁目21-7 (西小鷹野もしくは忠興バス停から徒歩10分) TEL  0532-69-2760 FAX  0532-69-2761

CTR IMG