【感染と間違えないように】コロナワクチンの後に皮膚が赤くなる副反応│モデルナ

新型コロナウィルス感染症に対する『コロナワクチン』は、『打った部分の皮膚に赤みが出る』ことがあります。

コロナワクチンの副作用(副反応)の最も多いものが、『痛み・発熱・だるさ』であり、最も怖い副反応が、『アナフィラキシー』です。

2021年3月に、コロナワクチンの皮膚反応の中でも、『後から赤くなる現象』のデータがまとめられました。

8割の人が、赤くなる
8日目に、赤みが出る人もいる
約6日間で自然に治る

コロナワクチンを打ってすぐは、8割以上の人が、赤くなります

そして、打って8日目くらいに、0.8% の人が、赤くなります

この『後から赤くなる現象』は、約6日間(遅くとも11日間程度)で、自然に消えていきます

この『後から赤くなる現象』を知っていれば、『赤みを感染症と見間違えて、不必要な抗生物質を使う』ということが減ります。

 

結論:コロナワクチン後に皮膚が赤くなると、バイ菌の皮膚感染と間違えやすい│モデルナ

コロナワクチンを打つと、『8日後にワクチンを打った部分が赤くなる』という反応が出ることがあります。

mRNAのコロナワクチン(モデルナ社)でのデータが報告されました。

コロナワクチン後の遅発性の皮膚反応まとめ

Blumenthal KG. Delayed Large Local Reactions to mRNA-1273 Vaccine against SARS-CoV-2. N Engl J Med. 2021 Mar 3

コロナワクチン後の赤み』は、大きいと10センチ程の大きさになり、『皮膚の感染症』と似ているため、場合によっては抗生物質を使うこともあります。

しかし、実際には、感染症ではなく、『ワクチンの副反応』であるため、抗生物質を使わなくても、自然と治っていきます

 

コロナワクチン接種後、すぐに8割の人が赤くなる

コロナワクチンを接種すると、すぐに、8割の人が、打った箇所が赤くなります。

コロナワクチン接種後すぐに、84.2%の人が赤くなる│モデルナ社

コロナワクチンの初回接種後、すぐに、84.2%に皮膚の発赤が出現した.

Baden LR. Efficacy and safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 vaccine. NEJM 2021;384: 403-16

 

コロナワクチン接種から8日目にも、赤くなることがあるが、自然と治まる

コロナワクチンを接種すると、8日目頃にも打った箇所が赤くなることがあります。

ワクチン接種からしばらく経ってから出る反応のことを、『遅発性(ちはつせい)の反応』と言います。

『大きな赤み』になることもしばしばあり、直径10センチ程度の赤みになることも珍しくはありません。

これらの『ワクチン後の赤み』は、6日程度(遅くとも11日間)で治まってくることが知られています。

  1. 冷却
  2. アレルギー薬
  3. ステロイドの塗り薬
  4. ステロイドの飲み薬

『ワクチン後の赤み』に対する治療は、冷やしたり、アレルギー薬を使ったり、ステロイド薬を使ったりします。

感染症と区別がつきにくい場合は、抗生剤を使用した例もありました。

コロナワクチンの皮膚反応は、8日目に出て、6日間で消える│モデルナ社

コロナワクチンの局所反応(モデルナ社):

  • 最初の投与後4日目から11日目に皮膚の赤みが発症(中央値:8日目
  • 発症後、2日間から11日間で、赤みは消失した(中央値:6日目

Blumenthal KG. Delayed Large Local Reactions to mRNA-1273 Vaccine against SARS-CoV-2. N Engl J Med. 2021 Mar 3

コロナワクチン後の皮膚の赤みに対して、実際に行われた対処法

ワクチン接種後の皮膚発赤に行われた治療:

  • 冷却
  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイド(外用薬・経口薬)
  • 抗生物質

Blumenthal KG. Delayed Large Local Reactions to mRNA-1273 Vaccine against SARS-CoV-2. N Engl J Med. 2021 Mar 3

 

【重要】1回目のコロナワクチン接種後に『皮膚の赤み』が遅れて出ても、2回目を打つ

コロナワクチン1回目の接種で、一部に皮膚の赤みが出ても、2回目を打ちます

コロナワクチンの1回目の接種の後に、打ったところに皮膚の赤みが出ても、2回目を打ちます。

ワクチン接種部位の皮膚が赤くなることは、局所で軽いものあれば、よくあることであり、その皮膚反応がアナフィラキシーのような全身性のものでなければ、『2回目のワクチン接種を打ってはいけない』という理由とはなりません

米国マサチューセッツ州のコロナワクチンの報告でも、『1回目に皮膚の赤みが出た12人』のうち、全員が2回目のコロナワクチンを接種しており、大きな副作用はありませんでした。

ただし、これらの12人のうち、3人が、『打った部分の皮膚の赤み』がまた出ましたが、1回目より軽く、すぐ治まったとのことです。

1回目のコロナワクチンを打ったところが赤くなっても、2回目を打って良い

Mild local reactions and fever after vaccinations are common and do not contraindicate future doses.

(ワクチン接種後の軽度の局所反応と発熱は、よくあることであり、次回のワクチン投与の禁忌とはなりません)

Kelso JM. Adverse reactions to vaccines practice parameter 2012 update. J Allergy Clin Immunol 2012; 130: 25-43

2回目の接種後の皮膚反応の方が、1回目よりも軽い

局所注射部位反応も遅延型過敏反応も、2回目のワクチン接種の禁忌ではないため、12人の患者全員が2回目のmRNA-1273ワクチン接種を受けた.

12人中のうち3人が、皮膚反応がもう1回起きた.

2回目皮膚反応は、接種して1-3日後(中央値:2日)で出現し、1回目よりも軽度であった.

Blumenthal KG. Delayed Large Local Reactions to mRNA-1273 Vaccine against SARS-CoV-2. N Engl J Med. 2021 Mar 3

 

まとめ:コロナワクチンを打って『皮膚の赤み』が出ても、自然と消える

新型コロナウィルス感染症に対するコロナワクチンは、打つと赤みが出ることもありますが、自然と良くなってきます。

皮膚の感染症と似ているため、抗生物質を飲むことになるかもしれません。

しかし、赤みが出るからと言っても、『ワクチンを打つメリット』にはかないません。

やはり、ワクチンを早く適切に接種し、全体として、集団免疫を獲得していくことが大切です。

1日でも早くコロナの感染が治まることを祈っています。